【参拝作法について】

秩父札所において、明確な参拝作法といった決まりはありません。
下記に参拝の心得を記載しておりますが、必ず遵守しなければいけないものというわけではなく、ご自身にあった参拝作法を身に着ける為のご参考としてご覧ください。
今回の巡礼が初めて(巡礼初心者)であれば、信仰心や参拝作法よりもまずは「札所と秩父を楽しむ」を念頭に巡礼していただき、参拝作法は少しずつ自然と身についていただけると幸いです。
気持ちが込められたお参りであれば、作法に差異があったとしても、観音様は慈悲の心でお参りを見届けてくださることでしょう

【参拝の心得】基本編
①観音堂で参拝する
 ∟合掌して一礼
②納経所で御朱印を受ける
 ∟受けている最中はその場から離れない

【参拝の心得】応用編
①山門前にて脱帽し、合掌一礼をしてから入山
②水屋(手水舎)で手と口と心を清める
③燈明・線香・納札を供える
④観音さまに合掌一礼し、読経※または写経を納める
⑤納経所にて御朱印をいただく
⑥下山の際、山門を出たところで向きなおり、合掌一礼
 ※読経:般若心経・観音経・六観音御真言など

上記はやや上級向けである為、初めての方は次の補足もご参考ください
①山門にて合掌一礼
 ∟山門はお寺の入口の事です。入場の際に手を合わせて一礼します
②水屋(手水舎)で清める
 ∟水屋がないお寺もある為、その際は心を自身で清める
③お賽銭をあげ、鐘(鰐口)を鳴らし、観音さまへ合掌一礼(手は打たない)
 ∟お賽銭の硬貨に決まりや謂れはありません
④慣れてきたら般若心経を読経(黙読も良)をする
 ∟写経で納める場合は、ご自宅で準備をします
⑤納経所で御朱印をいただく
 ∟御朱印帳は、開いてお渡しすると丁寧
⑥山門にて合掌一礼
 ∟退出の際は山門を出てから、山門へ手を合わせ一礼
〇境内を見学する際は、落ち着いてゆっくりと
 ∟各札所寺院で、立入り禁止などの案内がある場合は順守をお願いします