秩父札所三十四番 日沢山水潜寺(にったくさん すいせんじ)


本尊:千手観世音菩薩  宗派:曹洞宗

住所:埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3522
電話:0494-62-3999

秩父札所の三十四番は、百観音の大悲を一寺に集め御利益を得たいとの願いにより、西国・坂東・秩父の各三十三の札所に一ケ寺を加えることとなり、水潜寺が日本百観音結願寺になったと伝承されている。
観音堂前には、百観音宝前のお砂を納めたお砂踏みがあり、この上で拝めば百観音巡礼の功徳が得られると信じられている。
結願したら、「みずくぐり」の岩屋で身を清めてから俗界へ帰るのが習わしになっている。

日本百番観音の結願寺

本尊の千手観世音は、一木造りで室町時代の作と伝えられ、脇侍に西国をかたどる西方浄土の阿弥陀如来と、坂東をかたどる東方瑠璃光世界の薬師如来がまつられている。
結願寺らしく、観音堂内の右手には、百観音巡礼を終えた人達の金剛杖や菅笠、千羽鶴などが満願の納札とともに供えられている。
観音堂前には、百観音お砂踏がある。

水くぐりの岩屋

観音堂の右の崖下に水くぐり(水潜り)の岩屋があり、かつては巡礼を終えた人々が胎内くぐりをして、身を清めてから俗世にかえったといわれる。
岩屋の中からは清水が湧き出ており、長命水とよばれている。

札所三十四番への行き方

●バス:秩父鉄道「皆野駅」から皆野町営バス「西立沢ゆき」バス17分、「札所前」下車3分
●三十三番から:札立峠ハイキングコースを使って徒歩約3時間(8.9km)。

駐車場

普通車:可  マイクロバス:可