秩父札所十九番 飛渕山龍石寺(ひえんざん りゅうせきじ)


本尊:千手観世音菩薩  宗派:曹洞宗

住所:埼玉県秩父市大畑町15-31
電話:0494-23-7758

参道を入ると六地蔵像が出迎えてくれる。
荒川の浸食でできた河岸段丘上に露出した大きな岩盤の上に本堂が建てられている。そりの大きい宝形屋根に流れ向拝を付けた佇まいは、寺名の通り堂々としている。
寺の縁起では、この地方で旱魃があった際、弘法大師が祈祷したところ、この地の磐石が二つに割れ龍雲が立ちのぼり雨が降りすべてが蘇ったといわれている。

本尊・千手観世音菩薩

本尊の千手観世音は、坐高約46センチの坐像で、室町時代の作といわれる。
「厄除け観音」として知られ、特に女性の19歳、33歳の厄除けにご利益があり、1月18日の縁日はにぎわう。

三途婆堂

本堂となりの三途婆堂(さんずばどう)には、三途の川の川辺で死者の服をはぎとる奪衣婆(だついば)の座像がまつられている。
「子育て婆さん」として、子どもの病気をなおしてくれるといわれている。

札所十九番への行き方

●バス:西武鉄道「西武秩父駅」から西武観光バス「小鹿野車庫・栗尾ゆき」の「秩父橋」下車徒歩10分
●電車:秩父鉄道「大野原駅」下車、徒歩15分
●十八番から:徒歩25分(1.5km)

駐車場

普通車:可  マイクロバス:可